• 2020年07月04日(土)

    令和2年度第1回学校関係者評価委員会を終えて

     週末の豪雨に驚いています。学校は校庭に水が溜まっていますが影響はありませんでした。ところで,昨日(7月3日)(金)に令和2年度第1回学校関係者評価委員会を実施しました。今年度の委員をご紹介します。柏木博之様(出水市立野田中学校校長),平嘉昭様(八幡自治会会長),田上真由美様(同窓会会長),重藤美雪様(PTA副会長)の4名です。会場は本校図書館で15時40分~から16時40分まで,学校側からは学校長をはじめ各主任14名が出席して実施しました。内容は委員の紹介と委嘱状交付,令和2年度の学校経営方針,学校概況,4部(教務部・生徒指導部・進路指導部・保健部),各学科(生活文化科・食物科・衛生看護科・専攻科),各学年(1学年,2学年,3学年)から説明し,委員の方からは生徒指導やコロナ禍における就職に関する質問や魅力ある学校づくりについての質問とともに部活動の活性化やオンライン授業,交通マナーについてご意見がありました。大変感謝しています。今後の取組に活かしていきます。当日は,この他に本校が実践している不祥事防止に向けた取組と学校における働き方改革を紹介しました。次回は11月を予定しています。   

  • 2020年06月20日(土)

    新規採用の先生,数学で初めての研究授業(ドキドキ)  

    令和2年6月19日(金),今年度鹿児島県公立高等学校教諭として新規採用された数学の佐藤真伍先生の研究授業が実施されました。食物科1年生22人を対象として,「集合と命題」という単元の中から「「共通部分,和集合,補集合」についてアクティブラーニングの要素を取り入れながら,生徒たちを数学の世界に誘いました。佐藤先生ご自身は「緊張のため,チョークを数本も折りました。」と反省会で述べられていましたが,授業の展開や生徒を引き込む授業方法は今後さらに楽しみです。校長先生はじめ校内の先生方も授業を参観し,生徒の様子を見たり,自分たちの授業や生徒との関わり方の参考にしました。

    本校は令和2年度の教育目標の一つに「授業改善」(新学習指導要領を踏まえた開かれた学校,アクティブラーニング,カリキュラムマネージメント,道徳教育の推進等」を掲げています。これからも機会あるごとに全教職員で研鑽し,わかりやすい授業を目指します

  • 2020年06月16日(火)

    こどもの森を開催しました

    IMG_5433IMG_5404本日,令和2年度,第1回目のこどもの森を開催しました。

    生活文化科保育教養類型の生徒が子育て支援活動として社会福祉協議会と連携し,保育プログラムを計画・実行する活動です。

    感染症対策を行い,事前予約していただいた8組(16名)の参加がありました。

    「手洗いダンス」「色水遊び」「動物のまねっこ運動」等,おうち時間を楽しんでいただける内容でした。

    次回は,12月1日(火)です。

  • 2020年06月08日(月)

    衛生看護科の校内看護臨地実習スタート

     本日から衛生看護科3年生の「校内看護臨地実習」がスタートしました。通常であれば病院で実習する内容を,今年は新型コロナウイルス感染症予防の観点から校内で病院同様に実習を行います。期間は6月8日(月)~7月3日(金)の4週間です。8:30~16:30,看護実習服を着用し,緊張しながらもクラス全員で気持ちをひとつにして臨んでいます。今回の実習の目標は「看護過程をとおして,個別の対象に必要な看護を見いだし,実践していこうとする姿勢を養う」です。これからの4週間,生徒の成長が楽しみです。大きな「エール」を送ります。 

  • 2020年04月24日(金)

    オレンジ鉄道を利用している生徒のみなさんへ

    オレンジ鉄道を利用している生徒のみなさんに大切な連絡です。4月22日~5月6日までの休業期間中については,定期券の延長処理が出来ます。ただし,この期間中にオレンジ鉄道を利用すると,延長処理は出来ませんとの旨,野田郷駅から連絡がありました。注意してください。なお,延長処理の手続きは5月6日までに有人の駅で行ってください。よろしくお願いします。

  • 2020年04月22日(水)

    臨時休業期間中における県外への移動や帰省等の自粛について

    今日から臨時休業期間に入りました。野女っ子の皆さんはどのように過ごしていますか。昨日のLHRで担任の先生から連絡されたことを十分に守り,充実した期間にすることでしょう。

    ところで,昨日,文書とともに連絡したことですが,とても大切なことなのでブログに掲載します。

    1 不要不急の旅行や帰省など,都道府県をまたいでの移動はできる限り

       避けてください。

    2 移動等がやむを得ない場合には,学校に届けるとともに,次の点を行

       ってください。

     (1)  帰県後2週間は登校しないこと(帰県後2週間は自宅等において,

      健康観察を行った後で登校すること。)

     (2) マスク着用,手洗い,咳エチケット等を徹底すること。

     (3) 発熱等風邪の症状がある場合は,帰国者・接触者相談センターに

       相談すること。

     

  • 2020年04月21日(火)

    手作りマスクを寄付しました

    手作りマスクをつけて登校する生徒が増えてきました。

    コロナウィルス感染拡大のための手立てとして,家庭クラブの生徒を中心にプリーツマスクを作り,野田町の老人クラブに100枚寄付しました。

    IMG_3054

     

  • 2020年04月20日(月)

    臨時休業(4月22日から5月6日)について

     新学期がスタートし,新しいクラスや教科に親しみ始めた頃ですが,先日「緊急事態宣言」があり,県内でも感染者が増えている状況です。このようなことを踏まえて,県知事の要請を受け教育長から4月22日(水)から5月6日(水)までの間,学校保健安全法第20条に基づき,臨時休業を行うとの通知がありました。毎日の検温,不要不急の外出を避けるなどの留意点を守り,各教科から出された課題に精一杯取り組んでください。明日のLHRで担任の先生から詳しい連絡があります。

     

  • 2020年04月11日(土)

    令和2年度新入生オリエンテーション

    新入生オリエンテーション 4月8日,体育館で新入生オリエンテーションが行われました。教務や進路,生徒指導,保健部を担当する先生方からのお話とともに,「ことばのかたち」(講談社)というタイトルの絵本を用いての話がありました。高校生活をスタートする1年生にむけて,ことばの大切さを語りかけていました。その中の一部を紹介します。「もしも 話すことばが 目に見えたら どんなかたちを しているだろう」「大きくてやわらかな花はどんなことば?」「ちいさくて かわいい花はどんなことば?」「うつくしいけれど トゲのあるばらのようなことば」「ありふれているけれど うれしいシロツメクサのようなことば」「目の前で つき刺さる針 思いもよらないことばが 相手に刺さるのを 見ることになるかもしれない」・・・。優しいことばや思いやりにあふれた言葉が校内にあふれ,ことばの花束で卒業式を迎えてほしいとの思いに包まれた話でした。

  • 2020年04月11日(土)

    令和2年度対面式

    4月7日,青空の下,新入生と在校生の対面式が行われました。本科新入生58名を代表して食物科の寺地星来さんと,専攻科21名を代表して坂元美友さんがこれからの学校生活への思いを堂々と述べてくれました。また,在校生を代表して衛生看護科3年生の秋永莉緒さんと専攻科2年生の細川雅楽さんが新入生への歓迎のことばを自分の成長を振り返りながら述べてくれました。全校生徒241名の成長を全教職員でサポートします。